2017/07/05 就職指導課で聞いたことまとめ

 

就活をする上で大事な視点

 

まず山砥さんから聞いたことを箇条書き

・なぜその会社なのか

・これから世の中が変化していくためにどうアクションを起こすのか、これから咲の課題を明確にするためにインターンシップに参加する。

・業界の直面している課題はなにか?それを踏まえて自分はどう動けるか

 

ES

・研究テーマに関して

その研究をする意味、世の中に出た時にどうなるのか?

インターンを通じてなにを学びたいのか

インターンで実際に業務に触れることで自分はどうアクションを起こせるか、現在抱える状況や将来を見据えて自分はその会社の中でそう動けるのか?

インターンを通じて将来の価値観、課題を明確化する。

 

 

要するに「未来を見据える力が大事」

グローバル化が進む中でどう動いていくことが大事か?  

 

山砥さん「ボスキャリとりあえず行ってみれば?企業も莫大なお金を払っているし、絶対内定とれるから」

世界的な総人口は73億→95億(100年後)に変異していく

 

自分のケースを考えてみると、自分はどんな将来を見据えていま動いているのか?

なんで英語、中国語、スペイン語、生物化学工学、植物病理学、を勉強しているのか?なぜダブルディグリーに参加しているのか?その理由を明確にしたら強い。自分の特色を生かして将来どんなことができるかを考えることが必要である。今の自分はとりあえず聞こえがいいことを根気よくやっているだけ。これらの行動に理由が伴えば、自ずと自分がどんな企業に入って、なにをしたいのかが見えて来るはず

 

例えば「これからの社会はAが必要と世界を回る中で気づいた。それを目指すためには自分はどう動けるのか? →  だからこの会社でBがやりたい。または自分にはCがあるのでBを成し遂げることができるのでこの会社に入りたい。」

 

など。

 

まずその業界が社会全体においてどのような変移を見せていくのか、その中で自分はなにが出来るかを考えなければならない。

そのためにはまずどの国がシェアNo.1かまたは国ごとのその業界の強さを見てみる。

製薬業界はアメリカがダントツで強い。

製薬大国であるアメリカがTPPを撤退した理由は明らかだ。理由は以下にまとめる

・TPPに新薬の特許保護を強化する条項が盛り込まれた。具体的には特許期間の延長や、後発医薬品の承認時に特許に配慮する仕組みづくりなどが検討されている。巨大な製薬会社をいくつも持つアメリカは、先発医薬品の特許保護を求め、これに対してジェネリックを活用する新興国などは強く反発し、TPPの中で医薬品の交渉は最後まで難航していた。

 

製薬が今後どのような方向に進んで行くかを考えると、今現在一番大切なものは命であるが、時代が変移していくにつれ、一番大切なものは変わってくる。

それは健康だ。

 

今は命を守る薬が大事であるが、今後健康寿命を守る薬が伸びると考える。

というのもガンは現在命を脅かす大病であるが、10年後を考えた時、おそらく治る病気になってくる。そこで先進国の人々がなにを思うか、が次のニーズにつながってくる。

 

また開発した効果的な先発医薬品を活発に売るマーケットを考えた時、ターゲットになるのは、先進国だ。日本人は貨幣価値に対する認識があまい。日本円は他国と比較して十分に強いのだ。高い水準の国で開発された薬は多くの高い人件費、開発費がかかっているので、相対的に値段も膨れ上がる。そんな薬が生活レベル日本よりも下の諸外国の人々は買うことができるだろうか?

これは一番わかりやすい例で言うと、日本人が台湾やベトナムなどの東南アジアで豪遊できるのは円が高いからである。簡単に言うとこれとは反対のことが起きる。

 

この現状を踏まえると今後の製薬会社の市場は、アフリカ等の後発国に対する疫病を治す薬か、先進国向けの健康寿命を延ばす医療品でまず間違いない。

 

今のアメリカの状況を見てみると、主な医療品の輸出は高齢者で溢れておりかつ経済レベルが近い日本である。

 

今後、世界の人口が膨れ上がっていく中で、日本の人口は減少の一途を辿っている。

この後の日本の政策を考えてみると、間違いなく今後50年以内に移民を受け入れると考える。というのも国内消費が減っていく中で日本の中小企業はどんどん潰れていき、日本の国全体としての技術力が下がっていく。

国はこの未来を防ぐために移民を受け入れざるを得ないと考える。

現在は文化的な問題や犯罪率の上昇が示唆されているが、犯罪が起こらない状態が国によって作られていたらどう考えるだろうか?

 

おそらくは過疎化及び若者の都内への流入が進んでいる地方へ移民を流入し、その県が移民の生活の支援をすればいい。犯罪を起こしたら母国に強制送還だが、県や地方に生活が保障されており自国で暮らすよりも高水準な生活を送れる移民が犯罪を起こすメリットはあるだろうか。

この海外からの移民に対しセレクションを行い、地方に人材紹介を行う業務を海外に多くコネクションのある商社が行うことができれば多くの収益を上げることが可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6/22 桜と映画


文献ゼミの用意が終わっていないのに映画を見たいってしまった。よいご身分だ笑

明日は生化工打ち上げで何もできないのにさすがにやばそう。

藤原竜也の22年目の告白-私が犯人です-を見にいった。
内容的にはgood。かなりグロテスクな描写があるので苦手な人は見に行かない方が良いかも。

いつもの藤原竜也感のない役で面白かった

結局帰る頃には、昨日寝不足だったため23時から爆睡してしまった…

いよいよゼミがやばい

日曜にLiuさんから誘われてる東京ドームシティも行けそうにないな…笑

6/21 Routine work

10時から授業を受けた。
どうやら最後の授業らしい。めっちゃチョコが配られ来週のパーティの詳細を決めた。

お昼はいつも通り台湾大学からの留学生ウェイジュンもジャンさんと食べた。めっちゃ恋バナした笑
そこからゼミ準備をしようと思ってたが、トビタテの書類記入や実験打ち上げ用意のせいで全然進まなかった。

そういえばトビタテの2次選考で、グルディスが同じメンバーだった人は全員受かっていた。すごい確率だ。もしかしたら書類の段階で他者と圧倒的な差がついていたのかもしれない。だとしたら面接もグルディスもとても緩かったのが頷ける。

やる気も出なかったので18時には帰宅したが、21時まで寝てしまい、3時までゼミの準備をして就寝。

明日は桜と映画を見に行く約束をしたが、実際ゼミがやばい。

明日は、有意義な1日にしよう。
特に全員に配布する資料の作成、印刷、文献深掘りに注力して映画までちゃんと時間を使う

文献ゼミは嫌なものではなくてむしろ自分のためにやるのだ。みんなに上手く理解してもらえるようなゼミ発表にするぞ

17/6/20トビタテ留学JAPAN第7期生に採用


6月中旬結果発表と書かれて居たので、15日くらいからソワソワしてたんだけど、結局今日になって初めて通過していることが分かった。
5日間メールが来るたびビクビクしてたのが懐かしい。

f:id:locomoko275:20170621025600j:image
中川さんに貰ったレターとお花!
本当にいい人すぎて泣けた。サプライズでお花を用意してくれて、僕が結果を知る前に、合格おめでとう!って言ってきたのでキョトンとしてしまった笑
実際そのタイミングでは、大学的に合否を知らせるのはNGだったので、中川さんもそれに気付いて、またちゃんと合格メールが届いてから来ますって言って、同じようにメールを待ってた訳だけど、そんな中で中川さんは、合否通達許可を上に取り、2時間後に電話で合否を教えてくださった!🤔笑

中川さんが居なかったらまだ明日になるまで詳細は分からなかったので、本当にありがたい。

やったぜ。国に選ばれたんだ。ジワジワと実感してきた国を背負って留学に行く責任感。自分が選ばれた事で落ちた人がいる、僕が奪ってしまったある人の思いや願い、可能性全てを背負って自分が行くのだ。必ず絶対に実りある留学にしなければならない。

経済的余裕が生まれたことから、一年伸ばして就活をすることを前向きに考え始めた。だけど僕は気分屋なので、すぐに考えが変わるし選択肢を狭める行動が嫌いなのできっとどちらにも転べるように中途半端に動くとおもう。

取り急ぎ来週月曜日の文献ゼミに向け頑張る




3/11 マドリッド2日目兼旅行最終日


朝起きたら部屋に一人人が増えていた。
どうやらニュージーランド人の教師らしい。

朝飯の場所で会ったサウジアラビア人とイタリア人と外に出て少し追悼式を見に行った。色々話ができておもろかった。大使館の息子と言っていたサウジアラビアの人は教養がある話し方をするのでMayaysiaの教授を彷彿とさせた。


その後9時くらいに家を出て、こちらで有名なチュロスを食べたあとスペイン広場にきた!めっちゃのどかだ。日本の庭園という感じ。


その後お土産目的兼お腹空かせるためにグラン・ビア通りを歩いた。ここはマドリッドにおけるショッピング街的な所だ。ちなみに夜は風俗街になる。

お昼ご飯には、世界最古のレストランBotinに行った!バカ美味い。皮がパリパリになるまで焼きつつも、ホロホロとした身の豚の丸焼きがメインで最高だった
f:id:locomoko275:20170312075155j:image


歩き疲れたので終わったあとホテルに帰って少し休んだ!


18時くらいからAtochaに移動し観光をしたが、何もなかったのでSolに帰ってきてうろうろしていた



3/10 バルセロナからマドリッドへ


6:30に起きてグエル公園に行った。
Graciaからタクシーで向かった感じかなり丘の上にあって歩きで行かなくて良かったと思った笑


公園内は、カサバトリョ、グエル邸でも見られた様々な陶器の破片を散りばめたような装飾をあしらった建物が乱立しており、とても面白い。また曲線美を生かし設計するのが悉く上手いなと感じさせられた。
グエル公園後、Renfe窓口で新幹線のチケットを買い、マドリードのAtocha駅へ向かった。費用は1万ちょいくらい。

ホテルにチェックした後、まずマヨール広場に向かった。マヨール広場には、フェリペ3世の銅像があって、イタリアのナヴォーナ広場のような感じ。居るだけでお酒が飲みたくなってくる笑

その後TragaTapasという店でパエリア、ビール、タパスを頂いた!バカ美味い。Sun Miguelうますぎ問題。飲んだ直後に甘みを感じるビールははじめてだった。


食後、市場を通り越してアルムデナ大聖堂を訪れた。110年掛けてつくられただけあって強そうだった
その後フェリペ5世が作った王宮を見た。イタリアみたいに変に凝ってなくて良い。

3/9 バルセロナ 3日目観光


モンセラット
3時間掛けて電車で行った!
まずご飯を食べた。12ユーロくらい。ソーセージ美味かった。


その後黒マリアが有名で一緒に写真を撮った!
チャペルはかなりラグジュアリーな感じ。階段を上ると黒マリアが見えてくる。Keep Silentな雰囲気。


その後カサバトリョについた!17:30に
すごい。グエル邸の比じゃない。
装飾一つ一つが凝っていてとても面白い。ガウディは天才なんだと再認識させられた

観光後、ランブラス通りでご飯を食べた!
あんま美味しくなかった笑
二次会は電車で捕まえた人合わせ6人で飲みに行った